Arduinoで始めるゼロからの電子工作 

スポンサーリンク

Arduinoとは?

シングルボードコンピュータの一種。

要はちいさなパソコンみたいなもんです。

大学の関係でarduinoを手に入れて、ある程度まで開発することになったので記録として残すためにも記事に残しておこうと思います。

Arduino はスタンドアローン型のインタラクティブデバイス開発だけでなく、ホストコンピュータ上のソフトウェア(例えば、Adobe FlashProcessingMax/MSPPure DataSuperCollider)で制御することもできるワンボードマイコンの一種。オープンソースハードウェアであり、ハードウェア設計情報のEAGLEファイルは無料で公開されている。組み立て済みの基板を購入することもできるほか、誰でも自分の手で Arduino を組み立てることができる。Arduino が「オープンソースハードウェアという概念を広めるきっかけとなった」と評価する声もある[2]

Arduinoプロジェクトは2005年にイタリアで始まり、当時入手可能だった他の学生向けのロボット製造用コントロールデバイスよりも安価なプロトタイピング・システムを製造することを目的にスタートした。設計グループは多くの競合製品よりも遥かに安価で簡単に使用できるプラットフォームの開発に成功した。Arduinoボードは、2008年10月までに5万ユニット以上[3]が、2011年2月で約15万台[4]2013年で約70万台(公式分のみ。加えて、非公式クローンが同数以上販売されていると予測されている)[5]販売されている。Arduinoプロジェクトは2006年度のアルス・エレクトロニカ賞で名誉言及を受けている。[6][7][8]

(wikipediaより引用)

ArduinoとRaspberry Piのちがいは?

ワンボードマイコンといえば、Raspberry Piというイメージもありますがどういう違いがあるのか。

Arduino:簡単で初心者向け。

Raspberry Pi:arduinoよりも複雑なタスクができる

もともとarduinoは電子工作を始めたばかりの学生向けに作られたので、こどもでも簡単に扱えるような環境になっています。

Arduinoの開発の始め方

1.Arduino本体を手に入れましょう

僕はamazonでこちらを購入しました。

あとインターネットにもそんなにまとまって情報が転がっている訳ではなかったので教則本も購入しました。

2.Arduino IDEPCにインストール

 下記リンクからArduino IDEをインストールします。

ここにArduinoを作動させるためのプログラムを書き込んでいきます。

Arduino – Home

Arduinoを使ってLEDを点滅させてみた

本の通りに進めて行きます。

まずはLEDを点滅させることからのようなのでやってみました。

入力したコードはこちら。

// Blinking LED

const int LED = 13 ; //LEDはデジタルピン13に接続

void setup()

{

pinMode(LED,OUTPUT);//デジタルピンを出力に設定

}

void loop()

{

digitalWrite(LED,HIGH);//LEDを点ける

delay(1000); //1秒待つ

digitalWrite(LED,LOW);//LEDを消す

delay(1000); //1秒待つ

}

これをArduinoに書き込んで実際に動作させてみました。

本にはコードごとに詳しい解説が付いていて、ただの作業にならないようになっています。

関連サイト

僕が参考にさせてもらっているさいとを載せておきます。

いろいろ探してみたけど、これが長く連載されてました。

Arduino | Device Plus – デバプラ

Arduinoの開発者本人のTEDトークも面白かったです

マッシモ・バンジ「想像力をオープンソース化するArdurino」 | TED Talk | TED.com

 

スポンサーリンク
広告 大
広告 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする