【上京のすゝめ】東京で消耗しよう。

f:id:decchisan:20160327104655j:plain

どうも!福岡出身のいでです。

上京して1年が経ちまして、「上京してよかったな」と強く感じるようになりました。

 プロブロガーの宮森はやとさんがこんなツイートをしていました。

これにはめっちゃ共感しました。

このツイートにメリットのすべてが集約されているといっても過言ではありません。

僕は「話が噛み合わない」とはいかないまでも、違いは感じるんですよね。

東京で生活することのメリット

全国から人が集結

日本に限らず海外の人もめっちゃいる。

皆さん知ってます?東京の人口。

なんと1300万!!

言い換えると日本の人口の1/10が「東京」にいるわけです。

近年人気の福岡市でも140万なので、もうケタが違うんですよね。

渋谷のスクランブル交差点なんか、常に「人がゴミのようだ」状態です。

福岡天神の地下街どころじゃねえよって。

 

自分の持ってない考えをもった人に触れることができます。(日常的に)

だから、「都会」に対する先入観、固定概念がなくなり視野が広がります。

 

だって、そんな機会って地元に残ってたらないじゃないですか。みんな同じ環境で育ってるし、半径3メートルの世界で生活できちゃいます。

東京だと、円なんて描けませんよ。描けたとしても「点」か「線」です。

電車で隣の人、すれ違う人、レジ待ちの人、日常生活において99%が絶対に知らない人です。

僕自身、「都会でしか体験できないこと」をテーマにブログを書いているので、上京してなかったらブログなんて書こうとも思わなかったろうなと思います。

 

人に感謝できるようになる 

ぼくは、「両親」に感謝しています。

上京するまでの19年間は実家で暮らしてたので「恩恵」はあんまり感じていませんでした。

 今は家賃、生活費を両親に「仕送り」という形でもらっているのでその恩恵を強く感じています。

地元が福岡なので、「帰ろう!!」と思ってすぐに帰れる距離ではありません。

空港に到着しても、1〜2時間はかかりますから。

 その点では心配はかけていますが、めっちゃ遠い東京での上京を許してくれて感謝しています。

 

郷土愛が強まる

実家に帰る機会があまりないせいか、地元ええわ〜ってなるんですよね。

東京にはすべてがあります。

でも、ひとつひとつの街が独立してて、「コンパクト」ではないですよね。

新宿、渋谷、お台場とかとか。たまに渋谷にあるけど新宿にないとかあるような・・・

福岡の天神はめっちゃ「コンパクト」なんですよ。

基本的に5分あれば目的地にはついちゃいます。

ぼくは上京して福岡がより好きになりましたね。

 

デメリットもあるよ!でも・・・

もちろんデメリットもあります。

・家賃が高い

・部屋が狭い

一蘭(ラーメン屋)が常に行列

・奇抜なファッションの人が目につく。

・行列ができる。

・満員電車 

 

でも、正直こんなの我慢すれば済むことじゃないですか。

福岡に住む同期の家なんかに行くと、一人暮らしなのにけっこう広いんですよね。それでいて家賃も安い。

でも、それを上回るだけの経験ができるんではないかと思います。

1度は東京に来てみるといいと思います。

合わなかったら、またどこかへ行けばいいじゃん。

オススメは福岡市です!!

 狭いコミュニティをとびだそう!!

ここ最近、コミュニティの「広さ・狭さ」というものを強く意識するようになりました。僕は東京にきて、ブログをはじめて、会いたい人にあって、多少なりとも「広がった」なと思います。

これも東京だからこそなんだろうと。

何か現在の状況を変えたい人や、大学で東京の学校どうかなと思っている人は1度来てみるといいと思います。

僕自身、不安はめっちゃありました。

田舎もんが都会っ子に馴染めるだろうか、電車乗り違わないだろうか・・などなど。

でも、過ごすうちに友達ができてその不安も今ではなくなりました。

 

選択肢の一つとして「上京」を選んでもいいんじゃない??

 

では。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする