ブロガー新年会にて刺激を受けたということを語らせてください。

スポンサーリンク

先日行われたブロガー新年会で感じたことをつらつらと書いていこうと思います。

まずは八木さんはじめ主催の4人、スタッフの方、本当にありがとうございました。今回は参加して本当に良かったです。

何をやるにも賛否両論があって当然なわけで、僕がこの記事を書いている今までにもいろんな記事が上がっているのでそちらも読みました。

とにかく皆さんオシャレでマジでビビりました(笑)

それと、純平さんがイケメンすぎました。さすが一橋(笑)

僕は参加するか迷ってました。自分が行っても場違いなんじゃないかとか人と話すのが下手な自分が行ってよいものだろうか、など不安に思うことがたくさんありました。

しかし、こんな自分を変えようと思ってブログを始めのもあったしとある方からの後押しもあって参加することを決めました。

僕の最大の目的は仲間というか知り合いが増えればいいなと思って参加しました。

イベントは3.5時間で流れとしてはこんな感じ。

登壇者3人(八木さん、keitaさん、純平さん)によるトークセッション→懇親会(立食でみんなで話そう!)

まずは、トークセッション。

ここでは最近搭載されたツイッターのアンケート機能も活用しながら「これからのブログの可能性」とか3人がブログを書く上で気にしているポイントなどが話されました。

「食レポの記事はほとんどが写真の上に説明がある」とか「書く記事によってかける時間が違う」とか具体的なことまで語られましたが、こういうことは自分がこれから記事を書いていく上で試行錯誤しながら見つけていけばいいと思っていました。

ただ、1記事に対してどこまで意識を落とし込むか、という意識の違いがあるのだと感じました。 

やはり読者の多い方はかなり深いところまで意識して1つの記事を書いているのだということがわかっただけでも収穫でした。これから記事を書いていくうちに自然とそういうところを意識するようになるのだろうと。

正直、知り合いを増やすことが目的というのが大きかったのでトークセッションに関しては「なるほどな〜」と思う程度でした。

もう一つ。

「メディアクリエイター」という名称問題が物議を醸しています(?)が、それについて少し書きます。

これに関しては学生ブロガーのいっせー君が記事を書いているのでそちらをお読みください。

メディアクリエイター否定派のおっさんたちに聞いてほしい話

そもそも何故「メディアクリエイター」ってのが言われ始めたのかというと、トークセッションで「”ブロガー”ってダサくね??」 ってなったからなんですよね。

登壇されていた3人は、ブロガーやめてメディアクリエイター名乗ります。っておっしゃってたんです。

僕はどっちを名乗るかはどっちでもいいと思うんです。ダサいと感じネクラに思われるのが嫌ならメディアクリエイターを名乗ればいいし、ブロガーのままでいい人はそのままでいいし。

要点としては、「ブロガー」と「メディアクリエイター」の字面の違いじゃなくてそれぞれの内容の違いだと思います。

ブロガー→世間の人からすればパソコンに向かって文章を書いている、それで食っていけてる人がいるわけない。

メディアクリエイター→なんかかっけえ。ブログだけじゃなくて自分でやろう!と思ったことをできる人。(今回で言うと、新年会を企画したということ自体。)

って感じだと思います。

今回に関しては、ブログというオンラインの世界を抜け出してオフラインにおいてイベントを企画したということで3人は本当に「メディアクリエイター」と名乗るにふさわしいのではないかと思います。

学生という身でありながらも80人もの人を集める魅力があり、さらに自分たちの力だけでそれぞれがバイト以外に「お金を稼げている」というのがすごい。

逆にお金を稼げているから人が集まるというのもあるのかもしれません。

だんだん自分でも何を書いているかわからなくなってきましたが、僕はこれからああなりたいという思いを込めて「メディアクリエイター」にしようかなと思います。

ある程度プレッシャーをかけるって重要だと思うし。

次に、懇親会。

ここでは、いろんな人と話すことができました。いっつも読んでいるブログの中の人ともお話することができたし、学生ブロガーとも話すことができました。

自分から話かけにいくことがしづらい僕にとってはある意味で「修羅場」だったけど、話すことで知り合いが増えたな〜という印象です。

今も昔もガジェットの話ができる人なんていなかったのに、新年会で話をできる人ができたとか、カメラに詳しい知り合いができたとかとか。。

記事を書く上で参考になる点とかも聞くことができてよかったです。

僕自身、登壇者3人とは恐れ多すぎて話すことができなかったのが少し後悔かも。

「刺激」のひとことでは言い表せない、エネルギーのようなものを吸収できた気がします。

まとめ

「同じ大学生なのにここまで違うのか!」っと感じずにはいられない体験をしました。

話す中で多くの人にこう言われました。「大学1年生のうちからブログやってるのは絶対に強みだよ!!」と。

僕はまだ底辺ブロガーですが、この言葉を話すたびに人から言われて「本気で頑張ろう!!」と思うことができました。PV数など、ひとつひとつのデータを重要にしていかなきゃならないんだと感じることができました。

こういう枠で括るのもどうかとは思いますが、理系の学生ブロガーだけで集まっても面白いのかなと思いました。話した中では文系所属の方が多いのかなという印象だったので。

こんなところで今日はやめておきましょう。

では。

スポンサーリンク
広告 大
広告 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする