【製品レビュー】AnkerのBluetoothスピーカーとモバイルバッテリーの紹介!!

めっちゃいい!!

今回はず〜っと僕が使っていて本当に良いものをご紹介します!

みなさん、「Anker」ってご存知ですか?

ガジェットに興味ある方はご存知かと思うんですけれど、モバイルバッテリーなどスマホ周辺機器ではここ数年で名を馳せているメーカーさんですね。

google社員が立ち上げた会社なんです。

Amazonでもランキング上位になる(なっている)ことが多いですし、価格が安いだけでなく質も良いんですよ。

Apple製品に通ずるようなスタイリッシュさがあります。

 

Ankerさんと並んで有名なのがcheeroさんなんですが、今回はAnkerさんの製品をご紹介させていただきます。僕はcheeroさんの製品も使ったことがあるんですが、2,3年前に買い替えて今から紹介するものを現在では使っています。

 

まずはモバイルバッテリー。

僕が買ったのは「Anker Astro2 第2世代9000mAh」というものです

大学生の僕にとっては容量は十分すぎるくらいですね。現在はiphone一台ですし、大学の講義室で「充電忘れた!!」って時にコンセントがない教室で使っています。

iphone5以降なら約3回フル充電できます。

ポートは2つで、合計3Aまで出力可能です。

Ankerさんは、「PowerIQ」という技術を使っており、接続されたデバイスに対して最適な電流を流して適切なスピードで充電してくれます。

触り心地はマットな質感です。

バッテリーの残量は10段階のランプによって分かります(写真2枚目)。

本体への充電は、microUSBで行いそのケーブルも付属します。満充電になるまで8~9時間必要という感じです。寝ている間につなげておけば満タンになっているなって感じです。

ただ一つ不便な点があります。

それは、バッテリーランプの点灯にも接続した機器の充電を開始するのにも、バッテリー本体を「振る」ことが必要なんです。

なぜこんな仕様なのかは不明なんですが、使っていて唯一この点だけ非常に不便なんですよね。

「振り」の判定が微妙で、一発で行くときもあれば全然行かないときもあって、不便に感じることが多々あります。

今となっては1年以上使っているのでそろそろ買い替えを検討中です。

現在ではこの商品の後継機が出ているのでそのリンクを貼っておきます。

バイルバッテリー欲しい!って方は是非是非。本当にAnkerさんの製品はオススメですよ。

 

  結構ハードに使ってるのでかなり汚れてしまってます。

f:id:decchisan:20160113161402j:plainf:id:decchisan:20160113161440j:plain

 

 

 普段使いならこれくらい容量で十分なんでしょうね。

 

 

 続いてスピーカー。

僕は今まではiphoneから直で音楽とかpodcast聞いてたんですよね。でも、やっぱり一人暮らししてるともうちょっと大きい音でもいいな〜とか、聞こえないし!とか思っていたのでスピーカーを探してたらこのスピーカーみつけちゃったんですよ。

このスピーカー、めっちゃ小さいのに音も結構いいんですよ。テーブルに置いてると振動が伝わってくるくらい低音域から高音域まで出ています。

12時間連続使用が可能で、充電も3時間ほどで終わります。

ブラックモデルが1,999円、ホワイトモデルが2,499円となっています。

(2016/1/13 21:34時点) 

室内を白で統一したい!!って方は500円高いですがホワイトモデルをどうぞ。

ひとつ気になる点がありました。

僕はpodcastをよく聞くんですが、一部のpodcast番組を聞いてるとスピーカーから甲高い音(キンキンというような音)が聞こえてくることがあります。

恐らくそれぞれのpodcast番組の音声圧縮の方式によるものだと思います。

その高い音が聞こえない番組もありますので。

また、スピーカー本体には音量調節ボタンがないので繋げた機器側(スマホなど)から音量を調節することしかできません。

さらに、マイクも付いてないのでかかってきた電話にも出ることはできませんのでご注意ください!!

このスピーカーは防水ではないので僕はジップロックに入れて風呂に持ち込んで音楽とか聞いてます。

スピーカー欲しいんだけど高いのはちょっとなって思ってる方は2000円で買えますので是非!!

最後に。手に乗せるとこんな感じです。かなりちっちゃい!!

f:id:decchisan:20160113215338j:plain

 このスピーカーが発売されてから大きくて使用可能時間が延びたモデルも発売されたのでそちらのリンクも貼っておきます。

こちらでは前述のデメリットが改善されています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする